25歳で転職した結果は大成功だった。25歳は転職のベストタイミングでは?

転職_25歳 転職

ども、25歳でブラック企業から転職したコジローです。

 

25歳というと新卒で入社した会社にも慣れて、良くも悪くも今の職場が見えてくる頃ですよね。
ぼくもちょうど25歳のときに、今の会社に転職しました。

 

本記事では25歳のときに転職した率直な思いを書いています。

 

結論としては、大正解でした。

転職したタイミングが25歳であった理由

ぼくは結果として25歳で転職しましたが、別に25歳になるまで待っていたわけではありません。

 

では、なぜ25歳という年齢で転職することにしたのか。

 

22歳で入社して「とりあえず3年」耐えるべきだと考えていた

だれが言い始めたのか「とりあえず3年」という言葉があります。
漏れずにぼくも、この言葉に縛られていました。

 

ぼくが入社した会社はホワイト企業とはほど遠いような会社でした。

 

特に所属していた部署は、会社の中でも辞める人が耐えない部署でした。
今思えば、2年目に入ってすぐに辞めたいと考えるようにはなっていました。

 

けれど、「とりあえず3年」という言葉を周りの大人や同期、友人からも耳にすることで自分自身にも言い聞かせていました。

 

理不尽な命令、長時間労働、終電で帰る日々、機嫌が悪い上司、達成不可能なノルマ。。。

 

3年が経てば何かかが変わると盲信して、毎日をただ耐えて過ごしていました。
頭では「転職」を知っていても、どこか他人事というか現実味はまったく感じていませんでした。

 

25歳になるまで他人事だった「転職」が自分ごとに自覚できたきっかけ

転職に対して、自分ごととして捉えられるようになったのが25歳のときです。

 

それまでは、「いつか」「きっと」「そのうち」「多分」どこかで転職はするんだろうなぁ、くらいにしか考えていませんでした。

 

転職を自分ごととして感じられるようになったのは、ある人からの言葉でした。

 

それは、同じ会社で働く中途入社してきていた10歳以上離れた人からの言葉でした。

 

彼は、中途入社してまだ1年ほどでしたが、ぼくに転職することを打ち明けて来ました。

 

辞める人はそれまでも多く見てきたので、転職することに驚きはしませんでした。
けれど彼は、ぼくにも転職を勧めてきました。

 

彼曰く、「こんな会社いたらダメだ。君はまだ若いし、もったいない。次の会社も絶対見つかる。転職したほうがいいよ。」

 

これほどはっきり言ってくれた人は初めてでした。
他の辞めていく人は、「ごめんね。」「がんばってね。」と当たり障りのないことを言って辞めていたので、明確に転職をアドバイスしてくれたのに驚きました。

 

この日、初めて「転職」を自分ごととして考えることができました。

 

 

転職には25歳は色々と都合が良かった

彼のアドバイスから本格的に転職活動をはじめました。

結果としては、約1ヶ月後には次の職場を決めることができました。

転職成功した理由のうち、25歳という年齢はとても都合が良かったです。

 

25歳は基本的な社会人マナーができていると考えられる

中途採用を求める企業としては、できる限り若い人が欲しいケースは多いです。

 

しかし、新卒を採用するには教育コストが多く必要となります。

 

そんな時に求められるのが、25歳前後の人材です。

 

25歳前後は、社会人としての基礎的な教育は1社目で受けているため、教育コストを抑えることができます。

 

社会人を育てるうえで、最もコストがかかる22歳〜24歳は他の会社で過ごして1人でも動けるようになっているのが25歳です。
若い人が欲しい企業としては、ぴったりな逸材ですよね。

 

会社の未来を担う人材として求められる

企業が若い人を育てる理由としては、会社の未来を担う人材が欲しいからです。

 

年寄りのばっかの会社だと、将来会社にいる人が誰もいなくなってしまいますからね。
会社を未来にわたって成長させていくには、若い人が不可欠です。

 

特に25歳前後は、まだ社会経験は浅いです。
なので、凝り固まった考えや、1社目の会社に考え方が染まっている可能性も低いです。

 

つまり、自社のカラーに染めやすいのが25歳というわけです。
会社によっても非常に都合の良いお年頃なので、転職のチャンスです。

 

仕事の実績がなくても多くは求められない

転職というと、どんなことができる人材か、が重要です。

 

しかし、25歳前後の若い人であればまだ実績などは重視されず、ポテンシャルを見てもらえます。

 

これが30歳に近づくに連れ、転職しづらくなってきます。
それは、仕事の実績や、人をまとめる経験などを求められるからです。。

 

もちろん、あたなが企業にアピールできる実績や経験があればいつでも転職できるでしょう。
25歳で転職する必要はないかもしれません。

 

しかし、実績や経験がなく、すぐにスキルも身につけられない環境であれば、ポテンシャルや将来性を求められる25歳前後で転職することをおすすめします。

 

25歳で転職することへの不安と恐怖

25歳で転職するのは、ほとんどの人にとっては初めての転職になります。
ぼくも転職することへの不安は恐怖はありました。

 

  • 転職活動はどうやるのか
  • バレずに転職活動できるのか
  • 次の職場はちゃんと決まるのか
  • 転職活動はどれくらい時間がかかるのか
  • ブラック企業だったらどうしよう
    …etc

 

初めての転職活動ですからね。
そりゃ誰でも不安になりますし、恐怖を感じるのは当然です。

 

ぼくの場合、不安や恐怖は転職エージェントや転職サイトを使うことで解消できました。

 

転職エージェントでは、転職のプロに色々と教えてもらえるし、
転職サイトでは「こんなに求人があるならどこか決まるだろw」と思えました。

 

実際、1ヶ月ほどで転職活動を終えられましたから、心配は杞憂だったわけです。

 

転職したあとの25歳の新しい職場での立ち回り方と見られ方

25歳で転職すると、次の会社では下っ端です。
会社としては、若い人を採用したわけですからね。
そりゃ自分が一番下になるわけです。

 

25歳になると3年は社会人として働いてきた自負があるはずです。
なので、多少は仕事に対して自信はあると思います。

 

ですが、新しい職場では新しい仕事の仕方があります。
まずはどんな仕事の仕方かを、周りを見ながら覚えていきます。

 

周りの人からすると間違いなくあなたは、一番下っ端です。

 

大きな期待もされてなければ、前の職場での仕事のやり方は期待されていません。
1つずつ、新しい仕事を覚えることを期待されています。

 

仕事に慣れてきたら、あなたらしさをどんどん発揮して、職場に新しい風を巻き起こしましょう。

 

採用した人も、あなたが入ったことによりどんな科学反応が起こるか楽しみにしています。

 

まとめ

ぼくは25歳で転職をして大成功でした。

 

偶然ですが25歳という年齢は、自分にとっても、転職先の企業にとっても非常にタイミングの良い年齢となっています。

 

なかなか、転職に踏み出せない人は多いですが、勇気を持って「転職」を自分ごとと捉えて見ましょう。
あなたが25歳前後であれば、今がチャンスです。

 

この記事があなたにとっての、人生の転機になってくれたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました