ブラック企業からホワイト企業へ転職した20代サラリーマンの時代に追いつく

*

津田寛治が指原カイワイズに出演!俳優としての出演作品は?

   


津田寛治

津田寛治が

指原カイワイズに出演します。

俳優として活躍している、

津田寛治について調べてみました。

津田寛治のプロフィールは?

スポンサードリンク

まずは、津田寛治のプロフィールのご紹介です。

名前:津田寛治(つだかんじ)

あだ名:ツダカン、ツダンジ

生年月日:1965年8月27日

出身地:福井県福井市

血液型:AB

身長:173cm

事務所:ラ・セッテ

既婚で、一般女性と結婚しています。

現在は二児の父親で、趣味は絵画のようです。

幼いころから映画が好きで、

映画俳優を目指して上京しました。

アルバイトをしながら小劇場系の劇団員として活動していました。

アルバイト先である都内の録音スタジオ内にある喫茶店に来店した、

北野武

に売り込んだことがきっかけで、

北野武監督作品『ソナチネ』にて映画デビューを果たしました(初登場カットも喫茶店のボーイ役)。

デビュー以後、数多くの映画やテレビドラマ、舞台、アニメーション作品での声優など幅広く出演を重ねています。

2015年4月から放送された

ドラマ『食の軍師』で主演を果たしました。

これが初の連続ドラマ主演となりました。

近年では、自らが映画の監督・脚本を務めるなど、活動の幅を広げています。

過去には、テレビ朝日の長寿番組である

『徹子の部屋』

のセットを作る大道具担当のアルバイトをしていて、

のちに当番組にゲストとして出演(2010年6月30日放送)を果たしました。

その際に、番組の司会者である

黒柳徹子自身がこれは大変珍しいことであると語っています。

津田寛治の出演作品は?

スポンサードリンク

自身でも映画監督を務めるなど、

幅広い活躍を見せる津田寛治ですが、

1993年にデビューしてから、多くの作品に出演しています。

テレビドラマでは、

『NHK大河ドラマ「天地人・花燃ゆ」』

『八日目の蝉』

『あまちゃん』

『仁〜JIN〜』

『リーガル・ハイ』

『フラジャイル』

など、有名ドラマに数多く出演しています。

さらに、映画では、

『GO』

『ピンポン』

『呪怨』

『世界の中心で、愛をさけぶ』

『座頭市』

『20世紀少年』

『余命1ヶ月の花嫁』

と出演していて、

その他にも作品の規模などにはこだわらず、

インディーズの作品にも多く出演しています。

『津田寛治』という名前は知らなくても、

1度はその演技をみたことがある人も

多いのではないでしょうか。

まとめ:

津田寛治は俳優として

長年活躍しているベテラン俳優でした。

現在は、結婚をしていて、

2児のパパでもあるようです。

出演作品は、

非常に多く、

有名作品にも数多く出演しています。

アニメの声優などもこなして、

活動の幅も非常に広いようです。

今後は、作品への出演はもちろんですが、

自身で監督を務めたり、

バラエティ番組などへの出演も増えるのではないでしょうか。

今後の、津田寛治の活躍にも大いに期待したいですね。

それでは、また。

スポンサードリンク

 - ニュース