ブラック企業からホワイト企業へ転職した20代サラリーマンの時代に追いつく

*

菅田将暉が情熱大陸に出演!『鬼ちゃん』以外の出演作品や出演経歴は?

   


菅田将暉

auのCMで話題の

『鬼ちゃん』こと

菅田将暉が

情熱大陸に出演します。

様々な作品に出演していて話題の

菅田将暉をご紹介します。

菅田将暉とは?プロフィールをご紹介!

スポンサードリンク

まずは、菅田将暉のプロフィールのご紹介です。

名前:菅田 将暉(すだまさき)

生年月日:1993年2月21日

出生地:大阪府箕面市

身長:176 cm

血液型:A型

特技:サッカー、アメフト

趣味:ダンス、ピアノ

所属:トップコート

菅田将暉の略歴としては、

2007年にアミューズが行った「アミューズ30周年記念オーディション」で

応募者65,368人の中からファイナリスト31人に残るが落選しています。

2008年には、第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで

ファイナリスト12人に選出されていて、このコンテストがきっかけで、トップコートに所属が決定しました。

2009年、芸名が「菅田 将暉(すだ まさき)」と決定されます。

同年9月より、平成仮面ライダーシリーズ第11作『仮面ライダーW』にて

仮面ライダーシリーズ最年少でフィリップ / 仮面ライダーW(声)役で連続テレビドラマ初出演・初主演を飾り、

桐山漣とW主演を務め、放送開始前の8月に公開された

『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』で

特別出演・声の出演のみながら映画初出演、

12月に公開された『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』映画初主演を務めています。

 菅田将暉の出演作品・出演経歴は?auのCM『鬼ちゃん』で一躍話題に!

スポンサードリンク

菅田将暉を今まで知らず、

KDDI au 「三太郎シリーズ」 -『鬼ちゃん』

として初めて知ったという方も多いと思います。

菅田将暉のその他の出演作品や出演経歴をまとめてみました。

 

まず、CMでは、

日本スポーツ振興センター「BIG最高10億円くじ」(2015年1月)

ヤマハ発動機「ヤマハ・トリシティ」(2015年3月 – )

リクルートライフスタイル「ホットペッパービューティー」(2015年9月 – )

Cygames「グランブルーファンタジー」(2015年12月 -)

グンゼ「BODY WILD」(2016年1月 -)

花王「メンズビオレ」(2016年3月 -)

などに出演していて、2015年から一気に起用が決まっていることが分かります。

 

映画では、

『仮面ライダーシリーズ』をはじめ、

『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』

『男子高校生の日常』

『陽だまりの彼女』

『闇金ウシジマくん Part2』

『海月姫』

『暗殺教室』

など世間でも話題になっている作品に出演してます。

菅田将暉としては認識していなくても、

見たことある人は多いでしょう。

 

2016年には、次のような作品への出演が決まっています。

『星ガ丘ワンダーランド』(2016年3月5日)

『暗殺教室-卒業-』(2016年3月25日)

『ディストラクション・ベイビーズ』(2016年5月21日)

『二重生活』(2016年6月25日)

『セトウツミ』(2016年7月2日 主演・瀬戸 役)

『何者』(2016年10月15日)

『デスノート 2016』(2016年10月29日)

『溺れるナイフ』(2016年秋公開 主演・長谷川航一朗 役(小松菜奈とW主演)

8作品への出演が決まっていて、

そのうち2作品で主演を務めるなど、

爆発的な人気の上昇のしかたですね。

ドラマでも、

2016年4月から放送予定の

『ラヴソング』

にも出演が決まっていて、非常に多忙な生活を送っているようですね。

まとめ:

菅田将暉は、

2009年から芸能活動を開始していて、

ドラマや映画へは、

『仮面ライダー』シリーズを中心に出演していました。

2015年9月から放送された、

KDDI au 「三太郎シリーズ」での

『鬼ちゃん』として人気が急上昇しました。

2016年での映画の出演本数が

8本

と驚愕の数字になっています。

その内、2本で主演が決まっていることからも、

積み上げてきた演技力が評価されているようです。

間違いなく、今後の芸能界を引っ張っていく俳優になりつつありますね。

今後の菅田将暉の出演作品に期待するとともに、

益々の活躍を期待していきたいですね。

それでは、また。

スポンサードリンク

 

 

 

 - ニュース