ブラック企業からホワイト企業へ転職した20代サラリーマンの時代に追いつく

*

ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換え┃格安SIMでiPhone

   


ソフトバンク+iPhone5s から

楽天モバイル+iPhoneSE に変更しました。

実際に乗り換えてみての感想や注意点を書き綴っていきます。

楽天モバイルの格安SIMを選択するまで

スポンサードリンク

経緯

まず、なぜソフトバンクから格安SIMに変更しようと思ったかというと、

ずばり、月額の費用です。

ソフトバンクでは、毎月8000円〜9000円ほどの月額費用がかかっていました。

これは、以前使用していたiPhone5s本体金額は加算されていません。

契約から2年経っていたので。

この月額料金をどうにかしたいと思い、

今、流行りの格安SIMの検討をしました。

楽天モバイルを選択した理由

数ある格安SIMから、

なぜ楽天モバイルを選択したかというと、

ちょうどいい、と思ったからです。

格安SIMを検討するにあたり、ネットや雑誌を参考にしました。

どの媒体も色々な格付けの方法をしていましたが、

どのようなランキングにも大抵、楽天モバイルは登場しました。

素晴らしい成績ではないものもありましたが。

そういったものを参考にして、自分なりの見るべきポイントを学んだわけです。

楽天モバイルのメリット

スポンサードリンク

楽天モバイルを選ぶにあたり、惹かれたメリットをご紹介します。

①月額5GBで2150円

②ドコモ回線使用

③楽天ポイントがたまる

④未使用データ容量が次月に繰越可能

⑤即日SIM引取可能

⑥初月使用料無料(キャンペーン)

⑦iPhoneSEで使用可能

ざっと挙げただけで、このくらいはありました。

正直、回線の速度や金額はどこも似たり寄ったりで、差別化は難しいようです。

『無制限』なんて謳っているところもありますが、

3日で◯GB使ったら速度制限しますー

と書いてあるので、あまり無制限は意味ないかと。

家にいる時はWi-Fiにつなぐので余計です。

個人的に楽天を使用する機会がままあるので、楽天ポイントが毎月少しずつでも貯まるのはありがたい。

僕は月5GBの契約をしましたが、使用しなかった分は次月に繰り越せるので、

5GB以上使用することも可能なのもGOODです。

機種はiPhoneSEを使用することを決めていたので、

これが使えなくては意味がないです。

それに伴い、即日SIMを引き取れるのは有り難いというか、結構重要でした。

通常、キャリアから格安SIMに変更する場合は、携帯番号をそのまま移行させたい方がほとんどだと思いますが、

新たに契約した格安SIMが手元に届くまで、3日以上待たなくてはいけなかったりします。

これが嫌だったので、店舗を持っている楽天モバイルを選んだというのもあります。

楽天モバイルSIMでiPhoneSEを使った感想

4月26日から楽天モバイルSIMでiPhoneSEを使用した感想を書くと、

とりあえず、問題はなさそう。

やはり、キャリアのSIMに比べて外出先での通信速度は若干遅く感じます。

ただ、我慢できなほどではないのでそこまでデメリットには感じません。

楽天モバイルには、キャリアメールがないのでメールのやり取りはgmailに移行しました。

元々、キャリアメールで連絡を取っていた人が少ないので、LINEなどに移行して、

メールでないといけないのは、gmailに移行したのでこちらも問題はないです。

困ったこととしては、乗り換え時の各種サービスのアカウントの管理くらいで、

それについては別の機会に書いてみます。

今回、iPhoneSEが値引きされたこともあるので、

これを機に格安SIMを検討している方は、楽天モバイルをお勧めしますよ。

それでは、また。

スポンサードリンク

 - Apple, iPhone, 格安SIM