ブラック企業からホワイト企業へ転職した20代サラリーマンの時代に追いつく

*

引っ越ししました。

   


0112こんにちは。コジローです。

この1月9日から11日までの3連休、みなさんはどう過ごされましたか?

私は引っ越しをしました。
ブラック企業に勤めていたころは、帰りが遅くなることが分かっていたので
家賃が許す限り、会社から近いところに住んでいました。
それでも、通勤に40分はかかっていましたが笑
毎日終電で、夕飯を作る時間などなく、毎日松屋の牛丼を食べていました。

ブラック企業に勤めていると、転職もそうでしたが、
何かを始めるのに非常に時間がかかります。
たとえば、今回の引っ越しを例にあげると、
引っ越しするには、

・場所決め
・部屋の条件絞り込み
・部屋探し
・引っ越し業者選定
・インフラの整理
・家賃等払い込み
・役所手続き
・荷造り
・引っ越し
・荷解き
・日用品買い足し
などなど
やることがたくさんあります。

もちろん、休日だけで済まそうとすると1ヶ月単位で時間がかかると思います。
役所などは土日はもちろん、出張所でも平日19時までのところなどがほとんどです。

ブラック企業に勤めていて、毎日終電なんてことになっていると、
こういった大きなイベントをこなすことができません。
やろうとする気持ちさえ出てこないでしょう。

そんな時間あるなら、仕事しなきゃ・・・

そんな気持ちが起きてしまうんですよね。
そして、そういった状態だと、
新しいことを始める気概など起きなくなるのです。

そんな状態で人生を100%楽しむことなんてできるでしょうか。
もちろん、お金が1番だ。仕事をして給料がもらえれば何もいらない。
といった方もいるでしょうが、

お金は時間で買うことができますが、(バイトなどは時給制ですよね)
時間はお金で買う事はできません。

ということは、
お金より時間の方が価値が高いのです。
価値が低いものを手に入れるのに、それ以上価値が高いものを犠牲にすることは、
人生を豊かにするでしょうか。

今は、仕事が1番でも、
家族ができたら?
仕事がうまくいかなくなったら?
仕事のせいで体を壊したら?
人生なにがあるか分からないのに、目先の幸せを求めたり、
嫌な事から逃げてばかりいても人生を豊かにすることはできませんよね?

なら、動きましょう。

この年になって、やっと幸せは勝手にはやってこないと実感しました。
自分で動いた結果、人は幸せを感じることができのです。

私も、新しい部屋に引っ越してきて幸せです。
街も部屋も気持ちもグレードアップしました。

もちろん、なくしたものもありますが、
それ以上に得るものがあるので、現状に大満足、
未来におおいに期待しています。

それでは、また。

 - 自己紹介