ブラック企業からホワイト企業へ転職した20代サラリーマンの時代に追いつく

*

人生ってなんだ

   


0107こんにちは。コジローです。

今日は人生について書いていきます。

人生

ってなに?
急に聞かれるとすぐさま答えられるものではないですよね。
人によっても価値観や考え方も違いますからね。

友人?
家族?
恋人?
趣味?
仕事?

おそらく明確な答えなんてないでしょう。
もしあるとしても、それは個人レベルでの話しになるのではないでしょうか。

なので、一般論としての人生は置いておいて、
僕が思う人生について、綴っていきます。

僕が思う人生は、時間です。

そう、だれにでも平等に訪れては去っていく時間です。

時間こそが人生という概念の本質だと思っています。
1日は24時間。
当たり前で、誰にでも平等に与えられる。

と言われますが、僕はそうだとは考えていません。

平等?そんなわけない。
なぜなら、1人1人が別人だから。

大事なものが違ければ、価値観も違う。
もちろん時間に対する考え方も違うでしょう。

生まれた国、環境、時代。
そんものにも左右されるでしょう。

ましてや、不慮の事故や病気などと付き合っていかなければいけない人にとって、
人生や時間に対する考え方は大多数の人とは全く違うでしょう。

1秒の感じ方が人によって違うのです。

その1秒が重なって人生になっていきます。
1秒1秒をしっかり生きた人は、
同じ時間を何も考えず生きた人より、濃く豊かな人生になるはずです。

同じ時間だけ人生を歩めるのなら、豊かにしたいと思いませんか。

しかし、中には自分で人生に幕を下ろす方が少なくありません。

ニュースで見る、
「過重労働で・・・、家に帰れず・・・、電車に飛び込み・・・」
そんな内容が後を経ちません。

おそらく、人生が順風満帆に過ごしているひとは、

なんでこうなる前に辞めないのだろう?
だれかに相談すればいいのに。
労働基準局に駆け込めばいいのに。

なんて思うと思います。

ただ、僕は彼らの気持ちが分かります。
なぜなら、そうなった方が楽かな、と幾度も思ってきたからです。

僕がいた環境は彼らほど過酷ではなかったかもしれません。
なのでそうなる前に、転職に踏み込めたのかもしれません。

ただ、気持ちが分かります。

ああ辞めたいな、と思っても、

辞めてどうする?
次はあるのか?
どうやって転職活動する?
もっと条件が悪くなったらどうする?
お金は?
家はどうしよう?
コネなんかないぞ?
自分になにができる?
もう少し続けたら状況がよくなるかも?

などなど、たくさんの事柄が頭をよぎります。
そして、そういった事を考えている時が一番危険で、

あー、もういいや。
生きててもしかたないや。
自分がいなくてもだれも困らないだろう。

といった考えがでてくるんですよね。

そうして人生に幕を下ろす人がいます。

ブラック企業に勤めてしまったことによって、
人生を無駄にしてしまう。

僕自身も転職して、感じたのが、
時間の自由さが非常に大きいです。

17:30に会社を退社して、家に帰っても時間が余る。
自分の好きなことができるわけです。
ご飯を作ったり、テレビを見たり、趣味に費やしたり。

仕事以外のことに時間を使える。
つまり、仕事以外で人生を構築できるのです。

人生は構築するものです。
それも自分で行うしかありません。

そんな大事な時間をブラック企業なんかに奪われていいのですか。

仕事は手段であって、目的ではないと僕は考えてます。

人生を豊かにする為の手段です。
手段で埋め尽くされても、人生は豊かにはなりませんよ。

ブラック企業に対して、有効なチカラは、
世の中を広く見ることです。
広く見て、会社はいくらでもあることを知り、所詮手段であると理解して、
あとは行動するだけです。

ほんの少し、人生について考えてみましょう。

それでは、また。

 - 未分類