ブラック企業からホワイト企業へ転職した20代サラリーマンの時代に追いつく

*

現職について〜こんなに変わるとは〜

   

Pocket

0106こんにちは。コジローです。

今日は現在の仕事について書いていきます。

ブラック企業といわれる職場で3年ほど働き、転職しました。

転職する前は毎日終電、ストレスを常に感じる毎日でした。
転職したいと考えるも、転職活動をする時間も体力もなく悶々と日々を過ごしていました。

転職しても同じような生活なんじゃないか?
もっとひどい所に勤めることになるんじゃないか?
転職先なんてないだろう。

そんなことを思って動けずにいました。

そんな時、あるきっかけで転職を決意しました。
理由は色々ありましたが、なにより1番大きかったのは、
彼女から言われた一言でした。

「今より条件が悪くなる確率の方が低いんじゃない?」

青天の霹靂でした。
電気が走りました。

確かに、これ以上ひどくなるということは、
家に帰れない。
給料が生活できないくらいになる。
そんなことあるのか?
あったらまた辞めればいいか。

一念発起して、転職活動をしました。
転職活動に関しては、また後日書くとして、
結果は1ヶ月少しで決まりました。

面接を受けた企業は2社目でした。
いくつか候補がある中で1番入りたいと思った会社に入ることができました。

それからというもの。
毎日ほとんど残業はなく。
上司をはじめ、会社の人はとてもいい人で。
有給も基本的には自由に使える。
ボーナスも出ました。

給料こそは減ったものの、減った分といえば残業代の分なので、実質変わらないと言えるでしょう。

残業がなくなったので、毎日ちゃんとした時間に家に帰れて、
夕飯も自分で作れるようになりました。
週五で松屋だった生活が一変しました。

空いた時間で、資格も取得しました。
こうしてブログも綴ることができています。笑

休日もしっかり休めるので、ストレスもなく。
本当に充実しています。

一度は絶望した人生が、
色付いて見えるのです。

仕事内容も興味があった分野ですし、
営業方法も無理に売り込むことはないので、精神的にも豊かになりました。

それから、興味はあったができるはずないだろう…
と思っていたマーケティングの仕事にも携わることができるようになりました。

こんなことがあるのです。
未だに信じられない時があります。

夢で前の仕事の夢を見ると、
「ああ、やっぱり夢だったんだ。そんないい話があるはずがないよな。」
と思っているんです。笑

起きてすぐは、何が夢で何が現実か分からないので、
急いで会社用のカバンの中を見ます。

そして、
今の会社の社員証を見て、ホッとします。

ああ、夢じゃないんだ。

そんことを何度も繰り返しています。笑

これからは、今の仕事で早く1人前になることと、
無くしてしまっていた自由を取り戻すことに邁進していきます。

ブラック企業に勤めていて、悩んだり、人生に絶望している人。
動き出さなきゃ何も変わらないですよ。
勇気を持って、一歩踏み出してみるのはいかがですか。

それでは、また。

 - 未分類