ブラック企業からホワイト企業へ転職した20代サラリーマンの時代に追いつく

*

辻希美が料理上手になった理由を考察

   


料理

こんにちは。コジローです。

本日は辻希美さんが料理上手になった理由を考えてみます。

辻希美さんといえば、ご存知のとおりモーニング娘。で一世を風靡した方です。
当時、僕も小学・中学生でしたが、テレビで見ない日はありませんでした。

友人にも熱狂的なファンがいましたね。
正直、僕はあまり興味がありませんでした。

それより、学校に行かなくていいなー。
なんて思っていました。

そんな彼女がモーニング娘。を引退して、さらに結婚をしたのも記憶に新しいですね。

最近の辻希美といえば、ブログですね。
決していい評判ではありませんが、引退してもブログ炎上するほどみなさん興味があるのでしょう。

僕もモーニング娘。にいた頃より今のほうが気になります。

スポンサードリンク

なぜなら、まともに学校に行っていないのに結婚をして、子供も3人いるからです。

おそらく、ほとんど小学校にもいっていなかったでしょう。
勉強という勉強もまともにしていないんじゃないでしょうか。

そんな彼女もブログやテレビで自分で作った料理を披露しています。
子供の世話も非常によくしていて、他の芸能人ママたちも驚いているようです。

僕もテレビなどで見ると、素直に感心してしまいます。
料理の出来もそうですが、その手際の良さは心底感動しますね。

僕も一人暮らしは長く、大学の時は飲食店のキッチンで働いていたので、
そうした経験が無い方よりは、料理ができると思っています。

ただ、辻希美さんの料理は食べる目的もそうですが、なにより、
見て楽しいもの、子供が喜ぶものを作っているように感じます。

誰かのためを思って作る料理はやはり、一味ちがうものになるようです。
それも味覚だけでなく、気持ちの面でも一味ちがうでしょう。

それでは、なぜ辻希美さんは料理が上手になったのでしょうか。

芸能界のトップアイドルというと、華やかしいイメージが強いですが、
実際にはブラック企業もビックリのブラックさという話を聞きます。

もちろん、お金はたくさんもらえるでしょうが、
労働時間の観点では、非常に過酷なのは周知の事実です。

ほとんど休みなんてなかったでしょう。

きっと僕ならやめたくなります。
お金より時間のほうが大事だからです。

そんな過酷な労働環境のなかでも、今の幸せを手にしたのです。
もちろん、旦那さんである杉浦太陽さんの力も大きいです。

誰かを好きになり、その人のために自分の人生を賭けたいと思ったのでしょう。

この、誰かのために生きる。
というのが、難しいんですよね。

特に、ブラック企業で勤める人は、
例え好きな人に対しても、何かをしてあげようと思うのは難しいです。

なぜなら、自分のこともままならないからです。

毎日、終電で休みもなく、給料も安い。
そんな状態で人のために何かできる人は、神か仏です。

物理的な時間やお金が足りなくては、気持ちにも余裕がありませんし、
行動する時間がなければ、そもそも無理でしょう。

そこで陥るのが、自己嫌悪です。
自分はダメなやつだ。
何をやっても上手くいかない。

そうした思考回路になっていきます。

辻希美さんはおそらく、そうした思考回路も寄せ付けないような恋愛をしたのでしょう。

だれにでもできることではありません。
自分の現状を投げ捨て、誰かのために生きることを決意して、それを実践する。

実際に旦那さんである、杉浦太陽さんの実家で料理の勉強を3年ほどしていたようです。
それも、義理のお母さんに教わったようですね。
この3年の期間が今の辻希美さんの料理上手を支えているようです。

辻希美さんは周りの人に恵まれたとも言えるでしょう。
旦那さん、義理のお母さん、モーニング娘。の仲間たち。
そうした人たちに支えられて今の彼女が出来上がっているのは間違いありません。

もし、自分自身・環境を変えたいと思ったら、
理由を明確にして、実践することが必要です。
時には、周りのひとに甘えてもいいじゃないですか。

自分の人生を +α 誰かのために使うことも考えてみてはいかがですか。

それでは、また。

 - メディアから学ぶこと