ブラック企業からホワイト企業へ転職した20代サラリーマンの時代に追いつく

*

町田啓太が『トリハダ』に出演┃出演ドラマやダンスの腕前は?

   


町田啓太

劇団EXILEの

町田啓太が

『トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン』に出演します。

俳優として活躍する

町田啓太をご紹介します。

町田啓太とは?プロフィールをご紹介!

スポンサードリンク

まずは、町田啓太のプロフィールをご紹介します。名前:町田啓太

生年月日: 1990年7月4日 (25歳)
 
生まれ: 群馬県 東吾妻町
 
学歴: 日本体育大学
 
職業:俳優
 
身長:181cm
 
血液型:O型
 
事務所:LDH
 

町田啓太は、中学校卒業後、

パイロットに憧れて石川県にある日本航空高等学校石川に進学しています。

在学中にダンスに出会い、視力の問題でパイロットとしての道は難しいと思われたため、

体育の教員免許を取得してダンスを教えたいと考え、日本体育大学へ進学しました。

大学でもダンスサークル「Cypher Heads Fam」に所属して活動していたところ、

プロダンサーに声をかけられ、EXPG東京校に特待生として入校してダンスや演技のレッスンを受けはじめました。

2010年8月より行われた

「第3回劇団EXILEオーディション」にて約2000人の中から合格。

同年12月、舞台『ろくでなしBLUES』で俳優として活動を開始するが、

公演中に左足アキレス腱断裂しました。

その後、降板し数か月療養した。

2011年7月、ダンス&ボーカルグループGENERATIONSの候補メンバーに選ばれ

劇団EXILEを脱退しました。

同年9月、右足ふくらはぎを痛め数週間療養となりました。

その後、GENERATIONSの活動に復帰することはありませんでした。

2012年2月、俳優業に専念するため、GENERATIONSの候補メンバーから抜け、

劇団EXILEに再加入しています。

2014年、NHK連続テレビ小説『花子とアン』で鈴木亮平演じる村岡英治の弟・郁弥を演じ、知名度を上げることとなりました。

町田啓太の出演作品は?

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説『花子とアン』への出演で、注目されるようになった

町田啓太ですが、

その他にも様々な作品に出演しています。

映画:

日本赤十字社 献血推進広報映画「ダブルスカイ!」(2012年)

たとえば檸檬(2012年) – ホスト・HIRO 役

ダイヤモンド(2013年) – タケト 役

NTTドコモ 短編映画「先輩、キスしていいですか」(2014年) – 主演・翔太 役

スキマスキ(2015年2月7日) – 主演・ヘイサク 役

劇場霊(2015年11月21日) – 和泉浩司 役

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年7月16日公開予定)- ノボル 役

 

テレビドラマ:

ろくでなしBLUES(2011年7月 – 9月、日本テレビ) – 渡久地誠二 役

GTO 第1話(2012年7月3日、関西テレビ) – 明修学苑の元生徒 役

シュガーレス(2012年10月 – 12月、日本テレビ) – 卜部治 役

仮面ティーチャー(2013年7月 – 9月、日本テレビ) – 犬神一郎 役

戦力外捜査官 第9話(2014年3月8日、日本テレビ)

花子とアン(2014年6月 – 9月、NHK) – 村岡郁弥 役

ペテロの葬列(2014年7月 – 9月、TBS) – 田中雄介 役

ほんとにあった怖い話 15周年スペシャル「闇への視覚」(2014年8月16日、フジテレビ)

流星ワゴン(2015年1月 – 3月、TBS) – 古閑 役

美女と男子(2015年4月 – 8月、NHK) – 向坂遼 役

HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜(2015年10月 – 12月、日本テレビ) – ノボル 役

スミカスミレ 45歳若返った女(2016年2月 – 3月、テレビ朝日) – 真白勇征 役

 

有名作品にも多く出演を果たしているようです。

2016年には、映画・テレビドラマともに、

出演作品が決まっています。

まだ主演をつとめることはないようですが、

今後に期待していきたいですね。

まとめ:

町田啓太は、

現在は俳優として活躍していますが、

ダンスの腕前をプロダンサーにも認められるほどの実力もあるようです。

そんなダンスよりも、

俳優の道を選んで、現在は日々精進といったところでしょうか。

NHK連続ドラマ小説『花子とアン』への出演から、俳優としても認知度があがり、

2016年には、映画・テレビドラマともに出演が決まっています。

今後は、さらなる俳優としての活躍に期待できそうですね。

それでは、また。

スポンサードリンク

 - ニュース