ブラック企業からホワイト企業へ転職した20代サラリーマンの時代に追いつく

*

新井浩文が日本アカデミー賞受賞式に参加!強面イケメン俳優の人物像は?

   


新井浩文

こんにちは。

コジローです。

強面イケメン俳優として人気の、

新井浩文が日本アカデミー賞受賞式に参加します。

サブカル系映画から

有名映画に活躍する彼の人物像は?

新井浩文とは?人物像は?

スポンサードリンク

まずは新井浩文のプロフィールです。

名前 新井浩文(アライ ヒロフミ) 

職業 男優

生年月日 1979年1月18日

出身地 青森県

2001年に、

映画『GO』でデビューをしました。

2002年6月公開『青い春』では初主演を務め、

『高崎映画祭』で最優秀新人男優賞を受賞しています。

見た目は、

強面でありながら、

イケメン俳優としても人気が高いですね。

漠然と「有名になりたい」という思いで、19歳のときに上京したようです。

強面で目が鋭い風貌から、

犯罪者や不良役を演じることが多いですが、

最近では、刑事役から教師役まで幅広く演じています。

ファンを大切にする一面もあり、

SNSなどでは、ファンのやり取りも行っているようです。

さらに、DVD購入者には

新井浩文自身が、

焼き肉を企画する

などのエピソードもあるようです。

新井浩文は韓国籍!?

スポンサードリンク

新井浩文は、

在日朝鮮人3世でしたが、

2005年に朝鮮籍から韓国籍に変更しています。

朝鮮籍というのは、便宜上付けられた名前で、

事実上は無国籍のようです。

家族が韓国籍に変えた際には、

日本籍か韓国籍か選べたようですが、

『仕事で韓国に行くことがあるから』という理由で、

韓国籍を選んだようです。

新井浩文の出演作品は?

新井浩文は、

学生のころは、

お昼に学校に行って、

午後は部活をやるといった、

学業には全くやる気がなかったようです。

ただ、部活は卓球部で、

全国大会にも出場する腕前のようです。

高校卒業後の進路については、

『日本映画学校』を希望したましが、

『遅刻が多すぎて、推薦できない』と教師から言われ、

高校を中退しました。

その後に縁があって、役者として活躍していますが、

その出演作品も数多くあります。

『GO』をはじめ、

『ジョゼと虎と魚たち』

『モテキ』

『宇宙兄弟』

『永遠の0』

『HERO』

など有名作品だけでも多数挙げられます。

ドラマでも多く活躍していて、

2015年に話題になった

『下町ロケット』にも出演していました。

まとめ:

新井浩文は、

強面ながらファンを大事にする一面もあります。

在日朝鮮人三世でしたが、韓国籍に変更しています。

学生のころは、

学業に全く感心がなかったようですが、

現在は、数多くの

映画・ドラマ・CMなどに出演する

有名俳優として活躍しています。

2015年にも日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞しています。

今後も更に多くの作品での活躍が期待できます。

今回のアカデミー賞での結果も楽しみですね。

それでは、また。

スポンサードリンク

 

 - ニュース